絞り込み表示
在庫あり
       
       
       
       
 
 


 
ガーゼリネンヘリンボン 草木染め ワイナリーコート
¥47,304
 
K1703LJ053
   麻  100%
別布 綿  100%
 
墨色…墨染料で染めたオリジナルカラー。墨染料は染め上がりに糸の一本一本に色の差(色ムラ)が生じる特性があります。この特性を生かして、色ムラの状態で生地を織ることで、まるで水墨画のような味わい深さと温かみのある鼠色に仕上がっています。
柿渋とは…柿渋は、天然の耐水顔料で、渋柿の果実を粉砕した後に圧搾してできた汁液を発酵させたものです。柿渋染めという名は知っていても、実際に目にしたり使ったりということは今の生活ではあまりなじみのないものかもしれませんが、昔は漁網や番傘、呉服入れに使われるつづら、染料用の型紙など水回りのものや防虫効果を得たいものには、かならず塗られていたそうです。柿渋を塗ることによって、紙や布地が防腐性・防水性のある極めて丈夫な素材へと生まれ変わり、さらに大変軽量である扱いやすさも重宝される理由のひとつでした。生活に欠かせない必需品として、皆の生活にとって大変身近なものでした。
庭の柿…果実の恵みを享受するのみならず、どこの家庭にでもあるものを利用して、生活必需品として加工・利用する知恵から生まれたのが柿渋。昔は自家製の柿渋をつくる家庭が多かったようですが、現在はそのような習慣を見る事は実に少なくなってきました。とはいえ、家の庭の一角に柿の木があるお宅を日常的に見る事は出来ます。誰にもなじみ深い“庭の柿”は今も日本の風景の一部です。
酒袋…酒造りの蔵人たちの手によって染められる「酒袋」は、もろみを入れてお酒を絞るために用いられる道具としての天然染料染めの布です。手織り木綿の厚手の布に柿渋を使って染められるのは、防腐性・防水性とともに強度が増すためでした。幾度となく補修・手入れされながら、仕事の友として大切に使われてきたのが「酒袋」です。そんな『道具』の持つ誇りと、飾り気のない美もまた、私たちを惹きつけてやまない存在です。
 
柿渋  
 
 
>> サイズ表を見る
>> 在庫を確認する
 
※サイズを選んだ後、数量を指定して「カゴに入れる」をクリックしてください
カゴに入れる
 
※ご希望のサイズがない場合は、ウィッシュリスト登録へ
 
 
 
▲戻る   ■カゴの確認   □MAIL   ●HELP   ★MEMBER