絞り込み表示
在庫あり
       
       
       
       
       
       
 
 


 
NORA×KAYA BOROウエスタンシャツ
¥115,344
 
K1603LS089
   綿      80%
   麻      20%
袖裏 ポリエステル 100%
 
明治から昭和初期ごろまで、布類は高価で庶民の暮らしのなかで貴重品として大切に扱われていました。破れたら当て布をして何枚も重ねられながら、ツギハギ・縫い目だらけの布に進化していったのが襤褸。とはいえ、それも古い古い時代のものというわけでもなく、 昭和初期の頃の農漁村でも生活の中の襤褸を目にすることもできたようです。そういえば、私たちのおじいさん、おばあさん、両親もそうやって小さな布きれを大切にしていたのを思い出します。物を大切にするという基本的な知恵が多くの人々の心のなかにあったのでしょう。
 MOTTAINAI=もったいない(勿体無い)とは「物体(もったい)」がないという意味で、物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しむ気持ちを表している日本語なのだそうです。そんな森羅万象への慈しみ、感謝の心が襤褸(らんる=BORO)を生み出しました。
 東北地方の過酷な冬の寒さから身を守る為に生れた襤褸(BORO)。様々に使い回した藍色の木綿布を寄せ集め、何枚も継ぎはぎ、刺し子し何層にも重なり合う布。物を大切にするという基本的な意識と、土着に継承される巧妙な刺し子技術は機能性と芸術性を今に残す日本文化として進化していきました。近年ではKABUKI・TATAMI・SUMO等、その美しさから世界中の藍・愛好家から注目され世界のBOROと呼ばれるようになりました。

※商品の特性上、柄の配置に個体差があります。予めご了承下さい。

EBISU 03-5725-3923
Roppongi Legs 03-5772-3171
OSAKA 06-6315-1020
 
加工  
 
 
>> サイズ表を見る
>> 在庫を確認する
 
※サイズを選んだ後、数量を指定して「カゴに入れる」をクリックしてください
カゴに入れる
 
 
 
▲戻る   ■カゴの確認   □MAIL   ●HELP   ★MEMBER