絞り込み表示
在庫あり
       
       
 
 


 
手ぬぐい(蚊ぴ樽)
¥1,922
 
K1212XG504EK-418
綿100%
 
再入荷致しました。

江戸時代後期に、歌舞伎役者 七代目市川團十郎が役で使用したことで庶民の間に大流行したのがの役者文様。「構わぬ。」という軽妙洒脱さを見事に表現したこの文様は「鎌(KAMA)」の絵と「輪(WA)」の絵と平仮名の「ぬ(NU)」との奇妙な組み合わせ! 『判じ物(HANJIMONO)』と呼ばれている絵や文字に意味を隠して楽しむ、江戸の粋な言葉遊びのひとつです。そこで…KAPITALでつくってみたのがこの『蚊(KA)』『ぴ(PI)』『樽(TAL)』。年賀のご挨拶をするときに品物を持っていくのは江戸時代からの日本の風習です。また、年始のご挨拶に持参するお年賀の定番といえば手拭い。江戸時代の歌舞伎役者が自分の家紋や独自のデザインに染めた手拭いを、自分の贔屓筋に配っていたのが始まりだそうです。

SAPPORO 011-200-4530
Duffle with KAPITAL 03-5768-1965
Roppongi Legs 03-5772-3171
KYOTO 075-229-3255
OSAKA 06-6315-1020
KOJIMA 086-474-0539
 
ブルー  
 
 
>> サイズ表を見る
>> 在庫を確認する
 
※サイズを選んだ後、数量を指定して「カゴに入れる」をクリックしてください
カゴに入れる
 
 
 
▲戻る   ■カゴの確認   □MAIL   ●HELP   ★MEMBER